新着情報

プレート式熱交換器 使用温度と外漏れの関係(初期段階)

プレート式熱交換器で使用されておりますガスケットは、

高温ほど耐用年数が短く、低温ほど長くなります。(下記グラフご参照)

耐用年数とは、ガスケットのシールがない状態(外漏れ発生)です。

漏れますと、人体に危害を及ぼしたり、隣接する機器に悪影響を及ぼします。

また、流体(エネルギー)のロスになります。

では、耐用年数に近づく初期サインはどうでしょうか?

次の2点を確認してください。

①日常の外観点検で、熱交換器の下部や周りに漏れた跡はないでしょうか?

②クリップ式ガスケットでは、クリップ部の弾力が衰えて硬化していないでしょうか?

加熱用途(給湯、暖房等)では、是非チェックください。

本格的に漏れる前に、計画的な整備対策が打てます。

雛形