新着情報

プレート式熱交換器に異物混入

先週、某市経営の温水プールの熱交換器で異物混入が見つかりました。

プレート洗浄作業のため分解をしようとしたところ、

熱交換器直近の一次側バタフライバルブが効かず、熱交換器に流体が流れ込み、

プレートが分解ができない状態になりました。

元のバルブを閉めて止水し、分解をしたところ写真のような異物を発見しました。

よくよく見ますと、バルブのゴムシートが劣化、脱落した部品と判りました。

本プールでは、熱交換器の整備は定期的に実施されておりますが、バルブ類の

点検は定期的にされていなかったようです。

重大な問題を起こすこともありますので、バルブ類の定期点検をしてください!!

 

 

DSCF1190